FC2ブログ

Happaglass

香水瓶「桜に蝶」

image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg


「桜に蝶」 香水瓶


W7.2×H9.0 cm  *栓含む




手前の作品を1点、鎌倉のHemingartsさんに置かせていただきます。


Hnmingarts


小町2-6-41-102,Kamakura
https://hemingarts.com/



昨日仕上がり、大慌てで発送しました。


満開に間に合いますように!




Yo Yamazaki
スポンサーサイト



  1. 2019/03/26(火) 16:16:11|
  2. 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「桜に蝶」花器

image1.jpeg

image2.jpeg


「桜に蝶」

約 W12 × H20  cm




4匹の蝶のうち2匹、ガラスとガラスの層の間に、絵を閉じ込めています。



この重ね絵のタイプの作品では、厚みのある瓶は何点か作ってきましたが、花器は初めてです。



やっとできました。

嬉しい。




Yo Yamazaki
  1. 2019/03/22(金) 18:01:19|
  2. 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス 花器




















過去の作品
今の自分ではどう描くのか 2



「クレマチス 花器」

こちらも、
Japanese Glass|日本のガラス工芸
にてお取扱いいただいています。

2009年、絵付けを始めた初期の頃(写真 4・5枚目)、都内での初個展の際に、DMに使用した作品です。
クレマチスの蕾の栓がついています。

並べて比較すると、面白いですね。
  1. 2019/03/18(月) 15:46:13|
  2. 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュズサンゴの蓋物

image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg


「ジュズサンゴ 蓋物」




イギリスのウェブショップ


Japanese Glass|日本のガラス工芸

orderunique.com/collections/shop

でお取扱いいただいています。




私のウェブサイトに載せている過去の作品から選んでいただき、改めて作りました。


2013年頃の作品です(最後の画像のもの)。


蓋の部分も、花器になっています。




手元に無い過去の作品と似せるのは、かつての自分が作ったものとはいえ、とても難しかった。


描きながら唸っていた気がします。




それでも、それを描いていた時の自分の感情を思い出して、なんとも微笑ましいような気持ちになったり、


技術的な面での小さな発見や、


純粋に絵の変化に、


ふぅん。時は流れるのねぇ。


としみじみしたりもして、


なかなか面白い時間でもありました。





イギリス行ってみたいわぁ。






Yo Yamazaki
  1. 2019/03/14(木) 00:18:07|
  2. 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ももた誕生日




3/3
ももた 8才

春来た。




Yo Yamazaki
  1. 2019/03/03(日) 20:32:05|
  2. ももた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0